ナビゲーター養成講座

shublade

親・子の片づけ教育研究所の認定講師として開催できる講座です。
おそうじ風水と関係ないのですが、整理収納アドバイザーがたくさんいる中で
何か特徴を出そうと思って取ったものです。もちろん、自分の子どもが片づけなくて困って習った経緯もあります。

一般社団法人親・子の片づけ教育研究所(→https://oyako-katazuke-edu.jp/)の認定講座です。
「親・子の片づけインストラクター2級認定講座」

詳しくはコチラもご覧ください⇒https://ameblo.jp/syachikrin/entry-12554241453.html

===================================

【開催予定 選択肢からお選びください】

◎6月17日(木)1日で学ぶ!9:30~15:30(お昼休憩アリ)
◎7月 8日(木)1日で学ぶ!9:30~15:30(お昼休憩アリ)

8月調整中
ご希望日も受け付けます。

午前中3時間×2日間の開催も可能です。
土日希望の場合もご相談ください。

※1日受講することで
「親・子の片づけインストラクター2級」を認定します。

※ZOOMによるオンライン講座のため子どもがいても参加可能です。
他の参加者へのご配慮はお願いいたします。

※パソコンまたはタブレットでの参加をお願いいたします。

※テキストを送付しますので7日前までにお申しをお願いしております。
===================================

【親・子の片づけ=”ふぁみかた”を学んで思う事】

わたしは2人の小学生、夫、義母の5人家族です。

実感として、
親・子の片づけインストラクター2級認定講座をうけていただくと、

・毎日の片づけを含めた家事生活が楽になります。

・片づけがうまくいくための改善点がわかり、すぐに取り組めます。

・こどもと取り組むことで、子どもと自分の新しい一面に気が付き、より子どもを大切に思うことができます。

・夫や義母との関係もより良くなります。

ほんとにね、片づけだけで終わらない講座なんです!

家族のチーム力アップ!

是非、手に入れてほしい具体的な実践につながる講座なんです!!

子どもの片づけに関して整理収納の正しい知識を学ぶ事で、うまくいかなかった原因と改善方法が明確になります。
受講後、家に帰ってすぐに実践できるようになるための講座です。
※大人・親のみの受講です。親子で受講する講座ではありません。
受講規約についてはこちらをご覧ください→https://oyako-katazuke-edu.jp/agreement

===================================

【カリキュラム】

■片づけで育まれる「生きる力」

・「選択力」「想像力」「習慣力」で人生をデザインする
「整理で身につく選択する力」
「意味ある収納を想像する力」
「定位置決めで生まれる片づける習慣」
・子どもが片づけてくれない理由
・片づけにおける親の本当の役割

■子どもにとっても片づけやすい家にする

・整理収納フローチャート
・仕組みづくり7つのステップ&6つのポイント
・子どもの物を整理するときの基本ルール
・整理にかかせない「わける」スキル
・ゾーニングピラミッド:片づく定位置決めの手順
・アイテム、場所別の収納実例

■片づいた状態を維持するための関わり方

・関わり方の基本
・子どもの年代別関わり方のポイント(乳児〜高校生)
・子どもが片づけてくれる声かけ
・わが家の「ちょうどいい」をみつける

 

時間 5時間(オンラインの場合6時間)

受講要件 18歳以上、日本語が理解できる方※入門講座の受講の必要はありません。

受講料 税込み27500円
内訳:23,500円(税別・認定料込)+テキスト代1,500円(税別)含む
事前に銀行振り込みでお願します。

※親・子の片づけ教育研究所のメルマガ登録で税込み26500円になりますので登録ください。
毎週金曜日に配信され、
文中のクーポンコードを登録確認としておりますので備考欄にコードをおしらせください。
「読者特典○○○」

親・子の片づけ教育研究所のメルマガ【生きる力を育む!親・子の片づけ】

※再受講の場合7,000円(税別)+ご希望によりテキスト代1,500円(税別)

認定料 受講料に含まれる
試験料 なし
試験内容 試験なし
資格名 親・子の片づけインストラクター2級

===================================

■受講した方の感想
・仕組みづくりがよくわかった。

・気が付くところがたくさんあった。

・子どもとの関わり方を改めて考えてみようと思いました。

・子どもの心を動かす言葉がけ、片づけ時間の設定、習慣づけることをしてみよう。

・子どもに片づける場所がわかる工夫をします。

・一度には求めず、トライして、直していくように進めて行きます。

・楽しみながら、実践し進めて行きます!

お申込みはこちら